スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
母親学級という名の入院説明会

里帰りで分娩予定のクリニックで、母親学級がありました。
月に1回しか開催されないので、50人を超える後期妊婦が1部屋に集まって、ちょっとむわ~んと暑かったです。


話の中で、強調されていた事柄のひとつに、そのクリニックでは「陣痛室へは夫のみ付き添い可」ということがありました。
数年前までは、母の付き添いでも可だったそうですが、妊婦さんから「母についてもらって良かった」という意見が少ないので、やめることにしたそうです。(奥歯にものがはさまったような言い回しですが(笑))


と、いうのも「これくらいの痛みを我慢できないようなら分娩できないわよ!」とプレッシャーをかけるタイプと、こちらが多数派ですが「こんなに娘が痛がってるにまだ生まれない、何かおかしいのではないですか!?」と娘の前で不安を増幅させるタイプの母親がいるからとのこと。どちらにしても、娘に余分な心理的ストレスを与えるので、付き添いはお断りしているそうです。
そして、「当日ではなく、今のうちから、それとなくお母様にその旨お伝えしておいてください」と言われました。
忘れないうちにと思って、母に電話したら「付き添いダメなんだ~」と明らかに不服?そうでした。


何だか勉強になったというか、いろいろ先手をうった感のある母親学級というより入院説明会でした。

スポンサーサイト
【2006/09/26 11:16 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
<<思い出の絵本「はじめてのおつかい」 | ホーム | それって、はやすぎない!?>>
コメント
----
陣痛室は家族なら誰でもいいものかと思ってました・・・。
何事も病院によって違いがあるんですね。
うちの病院はどうなんだろう・・・。
病院の母親教室は、里帰りしてからの予定なんですよね。
とりあえず入院準備品くらいは聞いておかなきゃ!
by:ペコ・ラテ | URL | #-【2006/09/26 12:53】 [ 編集] | page top↑
--同じです~--
うちのかかりつけも主人だけだと言われました。理由は特に言われませんでしたが、納得です。でも主人は「俺が酸欠になって倒れる」と付き添いは拒否しています~。まぁ仕事などでこれるかも分からないしですね。
確かに母親学級といいながら入院準備品の説明とか来るときは電話して来て下さいとか入院説明会でしたね(笑)。
by:ぷにちゅ | URL | #ELyQwC2.【2006/09/26 21:13】 [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます♪--
>ペコ・ラテさん
病院によってちがうんですね~。私の予定してるクリニックは出来るだけ荷物を持ち込んで欲しくないようです。ねまき(パジャマではありません)やタオルも貸し出しされるそうです。
あわてていろいろ買わないほうがいいかも、ですね。
>ぷにちゅさん
私は里帰りなので、旦那が間に合うかは分からないです。
痛い時、一人の方が我慢しやすいような気がしますけど、どうなんでしょうね~。
by:うに子 | URL | #-【2006/09/27 10:24】 [ 編集] | page top↑
--そうなんだぁ~--
最初の子の時は、母にも来てもらって腰を
さすってもらってたなぁ~「声を出したらだめよ
呼吸が乱れて、子供の心音が弱くなるのよ」(本当なのか?笑)って励ましてくれてたけどなぁ~病院によって違うんですね~
お母さんとしては、横で娘を励ましてあげたいのかもしれませんね~

分娩室は一人で入りましたよ!主人は血に弱いので(笑)
by:ますみん | URL | #-【2006/09/30 20:55】 [ 編集] | page top↑
--母の付き添い--
>ますみんさん
ここ数年で方針変更したそうですよ。
立会い分娩も、旦那さんの希望に沿ったほうがいいみたいですよね。
うちの旦那はなぜか「へそのを切らせてもらう」と意気込んで(思い込んで)ます。
そんなの、させてもらえないと思うんだけど・・・。
by:うに子 | URL | #-【2006/10/02 16:17】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。